宿泊

中野屋旅館

中野屋旅館

中野屋旅館は、茨城県常陸太田市折橋町の「横川温泉郷」の一角にある温泉旅館。創業は江戸末期。竜神大吊橋や袋田の滝、花貫渓谷など、自然豊かな周辺観光スポットを訪れる拠点として、ご利用いただくことができます。東京をはじめ首都圏からの団体客も多数訪れています。

中野屋旅館

横川温泉の歴史を辿ると西暦1057年、八幡太郎義家一行が常陸の国(常陸太田市増井町、勝楽寺)に投宿した後、陸奥との連絡路をこの地に設営しようとしていた折に湯壷を発見。このいで湯で戦いの傷や疲れを取ろうと入浴しました。その効きめが四日であらわれるということで、四日の湯という言葉がなまって横川になったと言い伝えられています。

中野屋旅館

お風呂の種類は1種類。泉質はアルカリ性の単純硫黄泉で、神経痛、リウマチ、婦人病、胃腸病、運動機能障害などに効能があります。

中野屋旅館でもう一つ人気なのが「遠赤外線低温パワーサウナ」。床に敷き詰めたトルマリンが発汗を促すことで、肌の若返りや便秘、腰痛などの症状に良い影響をあたえると言われています。さらに、通常のサウナと比べて温度が低いため、身体への影響が少ないのが特徴です。

中野屋旅館

地元、茨城県の食材にこだわった食事も温泉旅館ならではの楽しみの一つ。鮎や常陸牛、山の幸などの旬の食材や、自家菜園で収穫した野菜をふんだんに使ったお料理を提供しています。季節によりメニューを変更しながら、素材の味を活かした調理を心がけています。

中野屋旅館

中野屋旅館の客室は全部で16室。収容人数は80名です。宴会場も利用することができます。各部屋には樹木の名前がついている通り、窓の外いっぱいに広がる木々の緑を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。お部屋の種類は、落ち着いた和室のお部屋と素朴な洋室のお部屋の2タイプ。どちらもリラックスしてお寛ぎいただくことができます。

1名様からご利用いただける8畳のお部屋はもちろん、ご家族でご利用いただける12.5畳のお部屋もあります。

中野屋旅館

館内には売店やカラオケ、ダンスホール、ゲートボール場などを備えているほか、大広間の中は掘りごたつになっているので、足をのばしてゆっくり寛ぐことができます。自家製の刺身こんにゃくは、地元名産のそばもこちらの館内売店にて購入することができます。

中野屋旅館

中野屋旅館のスタッフのみなさん。ご主人の隆庸(たかのぶ)さんは東京の調理師専門学校を卒業後、創作和食店、割烹料理店などでの修行を経て、地元の里美に戻り、現在は、旅館の料理全般を担当しています。スタッフのみなさんは、お客様に落ち着いてお過ごしいただける空間をご提供できるよう、おもてなしの心を大切にお客様をお迎えしています。

中野屋旅館

■横川温泉 中野屋旅館
住所:茨城県常陸太田市折橋町1404
TEL.0294-82-3311(代)
FAX.0294-82-3313
※団体のお客様は東京からの送迎あり
http://www.satomi-nakanoya.com/